【文字起こし&動画】 辻村ちひろ(比例東京ブロック・東京8区)公認候補予定者 発表会見 2020年2月17日 れいわ新選組党本部

山本太郎:
続いての方にお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

辻村ちひろさんです。この方もれいわ新選組のオリジナルメンバーです。東京8区から立候補を予定しております。では、辻村さんどうぞ。

辻村ちひろ:
皆さんこんにちは。この度、れいわ新選組から東京8区の公認予定候補としていくことを決めました、辻村ちひろといいます。座らせていただきます。

私はずっと環境問題の畑で仕事をして来ました。で、その環境問題というのは、もう皆さんご存じの通り、地球温暖化であるとか、そういった問題で、すごく危機的な状況にあるという状況、現状だという風に考えています。そんな中で、未だにこの日本という国では、公共事業による自然環境の破壊というのが引き続き行われています。そういう地方の大きな声を参議院選挙の時にはさまざま拾うことができました。で、それは参議院選挙が終わった後も、地元の方達の悲痛な叫びというのはいくつも僕たちの、僕のところに届いています。そういった問題をひとつひとつ解決していく、そして日本の自然環境のみならず、地球の環境が守られていくためにはしっかりとした環境政策を進めていくことが必要であると。そのためには国がしっかりとした公共政策としてグリーンインフラを整えていく。それから地球温暖化で失われるものの一番の失われていくものというのは、この地球に暮らす僕たちの仲間である普通の動植物たちなんです。その動植物たち、身近に見てきたいろんな生き物が絶滅の危機に瀕している。里山に暮らしている生き物の5割が絶滅危惧種であるというこの現状を変えてくためには、積極的に公共投資をし、里山を復活させ、第一次産業である農林水産業をきちっと小さな仕組みの中で回っていく、それからエネルギーも小さな仕組みの中で時給していくっていう大きな転換をしていかないと、この日本の自然環境、ひいては地球の環境を守ることができないという風に考えています。その観点で今回もまた、れいわから国政を挑戦させていただきたいという風に考えました。

さらにもう一点、私は東京8区を予定しています。東京杉並区というのは僕が生まれ育った全くの地元です。そこで消防団や、祭りのことをお手伝いしている中で、やはり貧富の格差、いろんな地域の格差というのが目の前に現れています。そういったこともひとつひとつ解決していきたいという風に考えています。よろしくお願いいたします。

山本太郎:
ありがとうございます。辻村ちひろさん。東京8区を予定しております。ありがとうございます。

\シェアしてね!/