かやま 玲子 / かやま れいこ
(東京都東久留米市政策委員)

「何があっても心配するな」国や地方自治体が市民にできる最も大切なことが この言葉の実現であると私は思います。
私が長年関わっているスウェーデンの政策と高福祉の根幹は「救済精神」ではなく「平等精神」です。
たとえば障害者が主体的に自分の人生を自分で設計できる、職業に就けるためのパーソナルアシスタント制度を、日本で初めて、東久留米市でモデル的に取り入れたいです。

WEB・SNS

・Twitter  https://twitter.com/kayamareiwa


SNSやLINEで、あなたのご家族、お友達などなどに広めてください!