前田信  / まえだ しん
(東京都狛江市政策委員) 

私はれいわの「住まいは権利」に強く共感しました。コロナ禍で仕事や生活の先行きへの不安、行政への不信が高まる中、自分にできることは何か。地域の声を聴き、市政に届ける代弁者として立ちたいと意を決しました。多摩川流域の狛江は、市域の8割に浸水リスクがあり治水対策は急務。高齢化・人口減少が進む社会状況下で、今ある緑を残しながら、老朽化した建物や社会インフラを朽ちるに任せず、どう次代に繋いでいくのか、行政が真っ先に取り組むべき課題です。若い世代に選んでもらえる狛江。生まれ育って安心して終いの住処にできる、本当の「水と緑のまち・狛江」にします。

WEB・SNS

・Twitter https://twitter.com/komaenomaeda


SNSやLINEで、あなたのご家族、お友達などなどに広めてください!